会社員こそ筋トレしよう!時短ボディメイク-ダイエット法

サラリーマッチョNissyの筋トレBLOG

コンテスト後にリバウンドしない方法【競技者向け】

コンテスト後のリバウンドボディメイクのコンテストに出たことがある方なら、誰しも経験があるのではないでしょうか。(私も大いにあります)

コンテストに向けて極限まで節制を続けた結果、反動で食欲に歯止めが効かず、何を食べてもすぐにお腹が減ってしまい、気が付くと5kg10Kgと体重が増えている。。せっかく良い身体を作っても、一瞬で太ってしまうのは儚すぎますよね。というか、健康面でも急なリバウンドは身体に非常によくない!そこで、今回は減量明けにリバウンドしない方法を編み出したので、シェアしたいと思います。

コンテスト後のリバウンドの原因について

先ず、減量明けの過食はなぜ起きるのか。その主な原因はホルモンバランスの崩れと考えられます。

カロリー制限の激しいダイエットをしていると、飢餓感が増し、満腹ホルモンのレプチンの値が下がります。代謝も著しく停滞するため、カロリー不足なのに体重が減りにくい状態になってしまいます。それに加え、厳しい減量後は空腹ホルモンのグレリン値が大幅に上昇することで食欲が増してしまうので、過食に陥ってリバウンドまっしぐら、、レプチンは脂肪細胞から作られので、体脂肪率が低い状態で数値が下がる事についてはある程度仕方がありません。今回ターゲットにするのはグレリンで、いかに空腹感(=過食)を減らせるかになってきます。

リバウンドを防ぐ秘策 - ケトジェニック食  -

このグレリンの増加を抑えるために有効なのが、実はケトジェニック食なのです!腸内に脂質があると、すいぞうからグレリンを抑制するホルモンが分泌されると言われています。コンテスト後に通常食に戻すのではなく、低糖質なケトジェニック食に一時的に切り替えることで、ホルモンバランスの乱れによる過食を防ぐことができ、また副次的な効果として、ミネラルバランスの崩れによるむくみも抑えることができるのです。(一石二鳥)

このことを知らずに、私はコンテスト後にケトジェニックに移行してリーンバルクを実践したのですが、その結果いつもコンテスト後に生じる爆発的な食欲もなく、3週間で余分な体重増がほぼ無い状態をキープできました。バルクアップさせる気で食べていたので、食事内容は低糖質に制限していましたが、カロリー制限はせずにストレスなくガッツリ食べていました。私は食欲に対する自制の意思が人一倍弱く、これまで平気で10kg(最大20kg)リバウンドしてきました(泣)あまりに不思議だな~ということもあり、後から理論を追った結果、この事実にたどり着きました。

3週間ほどケトジェニック にして、そこから普通食に戻すことで大きなリバウンドは避けることが出来ます👌

私が大丈夫ならみんな大丈夫だろうという事で、この情報を共有させてもらいます。もしケトジェニック の実践に不安がある場合は、私の方でオンラインのサポートもやってますので、必要と感じたら私のインスタからDMにてご相談下さい。

Copyright© サラリーマッチョNissyの筋トレBLOG , 2021 All Rights Reserved.